日本らしい結婚式がしたいなら神前式をやってみよう


教会式と神前式は何が違うのか

現在の日本では、結婚式というと教会でドレス・タキシードを着た新郎新婦が夫婦となる誓いをたてる教会式が主流です。しかし、日本には古来から神道があり、神様の前で結婚式を行う神前式も人気です。教会式と神前式の違いは、何が主体になっているのか、そして服装です。教会式は、これからの人生をともに過ごす新郎新婦、つまり個人が主体です。それに対して神前式は、二つの家をつなぐための儀式であり、主体は家になります。ですから、教会式であれば家族・親族だけでなく友人や知人も含めて参列をしてもらいますが、神前式は両家の家族・親族だけに限定している事が多いです。新郎新婦が持つ価値観が、教会式と神前式のどちらかを選ぶポイントになります。そして、服装は、教会式では洋装で神前式は和装です。服装については、新郎新婦の好みが選ぶ基準になるでしょう。

神前式における誓いの意味

神前式でも、教会式と同様に愛を誓う場面があります。それが誓詞奏上という儀式で、式を挙げる神社の神様に夫婦となることを報告した後に、二人が協力して良い家庭を築くといったことを誓います。この誓詞奏上は神様に粗相がないように、作法を守ることが重要です。誓詞を読み上げるときには誓いが書かれた紙よりも下に目線を下げてはいけません。折りたたまれた紙を開くときには、右手の親指を中に入れて開くことになっています。開いた後には、新郎新婦が右側ならば右手、左側ならば左手というように分担して持ち読み上げます。誓詞の内容は、神社が用意してくれるのであれば、その通りに読み上げるだけで大丈夫です。

三重の和魂とは、神が持つとされる2つの側面のうちの一つのことです。神の優しく平和的な側面を指しています。