神前式ってどんな式?知っておきたい日本の伝統

神前式とは?教会式との違い

神前式は挙式スタイルの一つで、神社や神殿で行います。また神前式では、神道における神々に誓いを立てるのも特徴です。神道とは古来から続く、八百万(やおよろず)の神を信仰する日本独自の宗教です。教会式はチャペルで行う挙式スタイルでキリスト教式ともいい、神に誓いを立てます。宗教が異なるため誓いを立てる神や様式、作法が全く違うのです。

神前式は日本伝統の挙式スタイル

神前式は古くから受け継がれている、日本の伝統的な挙式スタイルです。神前式の歴史は古く、起源は室町時代まで遡るといわれています。当時の神前式では、3日もかけて行われていました。現在のような式の流れは、大正天皇が行った結婚式で完成したといわれています。神前式では儀式として花嫁行列や、祝詞奏上(のりとそうじょう)が行われます。

神前式に込められた意味

神前式では新郎と新婦だけではなく、両家の結びつきが大切とされています。例えば挙式で行われる親族杯の儀は、親族になった誓いを両家が立てる儀式です。このように神前式で行う儀式の一つ一つが、結びつきを大切にする考えを基に行われるのです。

和装にするなら神前式がおすすめ

和装の花嫁姿は、とても美しく素敵です。結婚式で和装をするなら新郎は紋付袴、新婦は白無垢や色打掛が一般的です。白無垢や色打掛に憧れる女性も多いのではないでしょうか。挙式の衣装を和装にするなら、神前式がおすすめです。神社や神殿といった場所が和装をより引き立て、挙式を厳かで雅やかなものにしてくれます。また普段あまり着ない和装をすることで、より日本の伝統を感じられるでしょう。

神前式は、神社や神殿で行う挙式スタイルのことを指します。日本本来の奥ゆかしさを感じられるところが特徴です。