はじめての一人暮らしは「栄養不足」に要注意!

ファストフードやお菓子ばかりの食生活で栄養不足に

「栄養不足」という言葉を聞くと、食べる物が少なく痩せ細っているイメージを持たれるかもしれません。しかしここで言う栄養とは、「人間が健康に生きていくために必要なもの」という意味であって、摂取カロリーとは異なります。つまりいくらたくさん食べてカロリーを摂取していても、ビタミンやミネラルなどの栄養素がほとんど含まれていなければ、立派な「栄養不足」だということです。一人暮らしを始めたばかりの頃は「とりあえずお腹が膨れればいいや」と、ファストフードやお菓子で食事を済ませがちの人が多いですが、このような栄養の少ない食生活を続けていると太ってしまうだけでなく体調までおかしくなる危険があります。

栄養不足になるとどうなる?

野菜や果物などに多く含まれるビタミンやミネラルですが、これらが不足した「栄養不足状態」では、一体どんなリスクがあるのでしょう?栄養不足に陥ると、代謝が悪くなって太りやすくなるほか、体の免疫機能が衰えて病気になりやすくなったり、肌荒れなどのアレルギー症状を引き起こしたりする危険があります。またメンタル面にも悪影響を及ぼし、最悪の場合うつ病になるケースもあります。

一人暮らしを始めたら料理を覚えよう!

とはいえ外食で必要な栄養を全てまかなおうとすると、はじめての一人暮らしでは金銭的に難しいかもしれません。一人暮らしをはじめたら、ぜひ料理を覚えましょう。自炊であれば出費を安く抑えられますし、野菜や果物といった栄養豊富な食材をたくさん摂ることができます。最初は難しいかもしれませんが、やっているうちに段々とコツを掴んで上手にできていくものですよ。

家具の家電のレンタルは、購入するのとお値段が変わらないこともありますが、引越しなどで手放す際は処分の手間や費用が発生しないのでとても利便性が良いです。